Timeless Livingの素材

素材選びの考え方


長く使える素材

「素材の寿命=接着剤の寿命」にならない、メンテナンス可能な素材を選んでいます。

永きにわたって使用されてきた素材

昔から使われてきて、素材の良さがよく理解され、今後も永く使われていく建材を選んでいます。

自然素材による建材

ビニールやプラスチックといった化学物質や、化学接着剤を使用した化学建材ではなく、体にやさしい自然素材による建材を選んでいます。

良い家具に合う素材

一般的なビニールクロスや合板フローリングといった部屋に、お気に入りの家具を合わせてみたら、「何か合わない」そんな違和感を感じたことはありませんか?
私共は、質感の合う建材を選び、良い家具がより活かされるよう配慮します。

主な素材


自然素材の壁
漆喰の壁・天井

壁と天井には漆喰をご提案しています。私共の取り扱う漆喰は自然素材100%、日本で古くから使用されてきた漆喰は、防火性・調湿性・安全性に優れています。
熟練職人の手により、なめらかでいて、味のある風合いに仕上げられた漆喰の壁はビニールクロスとは違い、照明の陰影が美しく映えます。
» 漆喰について詳しくはこちら

ペイント
ペイント

住まいの中には木製の建具や巾木など、ペイントを使用する箇所が少なからずあります。ペイントには油性や水性等の様々な種類があり、シンナーやラッカーなどで薄めないと使用できないものもあります。住まいの中で使用するペイントとして、私共は人体に有害なVOC(揮発性有機化合物)を含まないペイントを使用しています。
私共では、長い歴史を持つイギリスのFARROW&BALLのペイントをお薦めしています。天然顔料を用い、臭いもなく色幅もあり、昔から愛されてきたペイントです。

無垢フローリング
無垢フローリング

フローリングには一般的に使用されている木目調のプリントがされた合板(化学接着剤で木屑を固めたもの)や、1枚の無垢材のものまで、様々な種類があります。前者は特徴として表面に光沢があり、傷がつきにくくコーティングがされているものもあります。このような種類はお手入れが楽という利点がありますが、耐久性はあまりありません。
無垢材のフローリングは、季節によって多少の伸び縮みがありますが、味わい深く、足触りも柔らかいのが特徴です。また、長年使用して汚れた場合、15mm程度の厚さがあるため、表面を削ってきれいな状態に戻す事も可能です。
私共では、無垢材のフローリングを接着剤を使わずに一枚一枚ビスで固定しています。天然オイルで仕上げており、時とともに木自体の油分で色の深みと艶が増していきます。

自然素材の絨毯
自然素材の絨毯

カーペットは一般的に、アクリルやナイロンなど、化学繊維のものが多く見られますが、私共は、冬暖かく夏は涼しいウールや麻など、自然素材の絨毯を提案しております。
また、通常使用される接着剤を使わずに施工しています。